VOMS

Blog #VOMS開発室

#VOMS開発室では少し現実的な視点からVOMS活動に関する記録を残したり、配信以外の告知情報等を発信して参ります。

2020.06.16

ピカとも★日付表示部分の事象変移に関する観測報告書

天野ピカミィの昼定期配信「ピカとも★」の日付表示部分に”事象変移”が観測されたのでここに報告する。

ピカとも★とは

VOMSメンバー天野ピカミィの定期雑談配信。トークテーマを決めたり決めなかったりして、毎週月・水・金曜日の12:10から30分程度、定期配信している。「ピカとも」は「Pikamee Tomodachi」の意。

2020年3月23日

こちらはスタッフが初期に作成したサムネイル画像である。こちらの画像を元に、天野ピカミィが日付の部分だけ変更を加え、更新・運用していくという仕組みになっている。

2020年3月27日

一見、何の変哲もないサムネイル画像に見えるが、何か”違和感”があるような気がする。

いや、やはり私の気のせいかもしれない。もし違和感があったとしても、それは大した問題ではないだろう。特に異常は無い。

4月、黎明の迷走時代

2020年4月1日~6日

数字がピンク色に変化した。なるほど。4月になり、色を変えて春らしい雰囲気を出したかったのだろう。色味のバラつきから迷走の跡が伺えるが、この運用方法は想定の範囲内である。何も問題は無い。

2020年4月8日

何か様子がおかしい気がする。
なにか、世界崩壊への序曲が聞こえてくるような…事象変移の片鱗が垣間見えたような…”ズレ”のようなものが感じ取れる。春らしい色味も飽きてしまったのか、元の黒に戻っている。筆者はここで一つの仮説を提唱する。

仮説:天野ピカミィ、テンプレを作らず毎回手動で数字を打ち込んでいる説

2020年4月10日~13日

軌道修正されたようだ。通常運用へ戻り、事象変移-崩壊-への危機は回避できた。しかし、色味のバラつきから迷走の跡が伺える。

2020年4月15日

数字を「ピカとも★」のロゴカラーに合わせるという運用方法にシフトしたようだ。

2020年4月27日

やはり何かがおかしい気がする。いや、気のせいではない。

間違いない。気づいてしまった。回を増すごとに数字がどんどん肥大化しているのだ。確定的に明らかだ。このままピカとも★が続いたら世界は一体どうなってしまうのか。気になって夜しか眠れない。この事象変移は、「本人には秘密にしたまま」観測を続けなければならない。

5月、波乱の大航海時代

2020年5月1日~4日

事象変移に「波」があり、かなり不安定であることが観測できる。このまま通常運用へ戻ってくれれば世界の平和は保たれるのだが…。

2020年5月6日

すごい!
すごい衝撃だ。圧倒的だ。今にも枠からはみ出そうな、はち切れんばかりの数字に感動すら覚える。

2020年5月8日

良い躍動感だ。
若干フォントに長体がかかり(文字の横幅を狭くすること)、05月と08日のサイズを変えることによって、数字がダンスしているかのようなリズム感のある楽しげな雰囲気が演出されている。

2020年5月13日

なんということだ。
リズム感を演出したまま、更に「強い」数字にトランスフォームするとは。凄まじい存在感。力強い生命の脈動を感じる。この5/13は絶対に強い。

2020年5月15日

助けてくれ。
もう事象変移-崩壊-は回避できない。5/15は「審判の日」だ。この5/15によって世界は崩壊する。筆者の腹筋も崩壊する。筆者は本当にこの5/15がお気に入りなのだ。助けてくれ。

2020年5月27日

“フォント”という名の”世界線”が変わった。ダイバージェンス1%の向こう側に到達した…?
しかし、事象変移-はみ出し-は回避できていない。まだまだ予断は許されない状況だ。

2020年5月29日

「このフォントだと横からはみ出ちゃうじゃん」ということに気づいたのだろう。元の世界線(フォント)に戻っている。

ちなみに、フォントサイズを小さくすれば枠からはみ出ることは無いのだが、本人がこの事に気づいているかどうかは疑問である。

6月、察知の安定時代

2020年6月3日

どうやらこのあたりから「観測されている」ことに本人が気づいたようだ。同僚からのタレコミがあったらしい。6月からは安定した運用となっている。残念だが、この報告書も終わりが近いだろう。

2020年6月10日

事件が起きた。あまりの眠さと時間の無さ故にこうなったとのこと。なんということだ。多分「06」と「10」は同じテキストレイヤーだろうな〜コレ。今までのあの「力強さ」はどこへ行ってしまったというのか。この6/10からは生命の息吹は感じられない。

あの日見た5/15の数字を僕達はもう見れない。

2020年6月15日

王 の 帰 還
圧 倒 的 な 暴 力
王 者 の 風 格
筆 者 大 歓 喜

観測結果報告

「王の帰還」は奇しくも「審判の日」のちょうど1ヶ月後だった。これは良いオチになったし、潮時か…。ということで、今まで「数字のフォントがどのように変化していくのか密かに楽しみにしていた」ことを直接本人に白状し、了承を得た上でこの文章を書いている。

「テンプレ作らんの?」と聞いたところ「結局面倒で毎回手動で作ってしまう」とのことだった。なんか逆に面倒なことをしている気もするが、面白いのでスタッフは助言することをやめた。

この報告書を公開したことによってサムネの日付が安定し始めても、事象変移し始めても、どうか彼女を責めないでやってほしい。

以上を持って本件の報告は終わりとする。今後どうなっていくのかはぜひ自分の目で観測して頂ければと思う。

pagetop