VOMS

Blog #VOMS開発室

#VOMS開発室では少し現実的な視点からVOMS活動に関する記録を残したり、配信以外の告知情報等を発信して参ります。

2020.01.18

GYARI α版モデル定着実験の記録

「Live2D+FaceRig」とは、#VOMS開発室では「魂を2Dモデルへ定着させる技術」と定義する。

自分の”魂”をLive2Dテストモデル「GYARI α版」へ定着させる実験の成功記録。評判を聞いていたとおり、Live2D+FaceRigは技術学習コストは低い印象だ。

Live2Dモデルを制作する際、簡単な方法としてテンプレート機能を使うと良いと聞くが、私は使わないようにしている。理由は以下。

・応用が効かなそうだから
・モデルが人型ではない場合使えなさそうだから
・パラメータの数をできるだけ最小化、最適化したいから

すべて手作業で作ることによってより理解が深まり、のちのアップグレードの際に作業を簡略化出来る狙い。最初の段階ではモデルの機能は最小限のものとする。将来的には感情表現の追加や物理演算、衣装差分等も用意できる想定だ。

開発室スタッフ/ママ鳥博士

GYARI

VOMSの創設者。「ママ鳥」や「博士」と呼ばれている。表情が変わると、アイデンティティが無くなり死ぬ。

身長
謎に包まれている
誕生日
謎に包まれている
年齢
謎に包まれている
pagetop